FC2ブログ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

対 四間飛車12



【対 四間飛車】
ノーマル四間飛車相手。よくある銀で5四歩を取りにくる展開です。これは飛車で受けますが、この流れになりそうなら△9四歩を先に入れておきたい場面です。先手は角銀が前に出すぎで、そこを咎めれた感じでしょうか。終盤は美濃囲い同士の横から攻め合う展開ですが、駒得で先に攻めている後手が安泰勝ち。こういう展開で勝てると引き角の最大の持ち味を発揮できた感じです。
[ 2014/07/21 10:32 ] ◎対 四間飛車 四間飛車 | TB(0) | CM(0)

ハチワンダイバー完結&藤井先生新著!

ヤングジャンプ連載の「ハチワンダイバー」がかねてからの予告通り最終回を迎えました。
終盤の展開には賛否両論あるようですが、将棋漫画が打ち切られることもなく長期連載を経て、きちんとラスボス戦まで描ききれて妥当な着地点の最終回ではないかと思います。

ハチワン開始~終了までに新たな将棋漫画ブーム(というほどではないが)として、新進気鋭の将棋漫画がかつてないほど多数はじまりました。
現在も続いているものは一部ですが、将棋漫画ブームの立役者の一つが終わるということで、楽しみが一つ減ります。
最新作、駒ひびきがどこまで頑張れるか・・・? ひらけ駒の再開はあるのか・・・?
王手桂香取り(ラノベ)はいつまで続くか・・・?


話は大きく変わって、振り飛車党総帥の藤井猛先生が新刊を出します。
 角交換四間飛車を指しこなす本
数々の名著を世に出した藤井先生の本だけに、ネット上では発売前からすでに話題沸騰、名著認定です。
2ch棋書スレ等をみても、対角交換振り飛車の決定本がまだ無くて居飛車党も困っている所にこの情報、居飛車党からも本書への大きな期待が寄せられています。

ところで、何で全然関係ないこんな話をしているかというと、
「飯島流引き角戦法なら角交換振り飛車ブームも全然関係ないもんねwww」
と、これを言いたかっただけです。(^_^;)

先手番はどうすんだ、ということですが、先手でも無理やり▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角と後手に振り飛車を誘導させる指し方をやるので何とかなっています。
それでも角交換振り飛車と対峙してしまったら・・・? がんばります。
[ 2014/07/17 21:00 ] ◎その他 | TB(0) | CM(0)

平美濃返し その2

【角道開けない】平美濃返し【B級戦法】

今回は平美濃返しの別の変化についても紹介してみます。
平美濃返しで紹介されている筋は前回のものと今回の主に2つですが、いずれも早々に3筋の歩を角で交換する流れです。前回はやや急戦気味な戦い方ですが、今回は持久戦調の戦い方。飯島流引き角戦法に近い構想かと思われます。

[ 2014/07/13 22:10 ] ◎引き角研究 そのほか | TB(0) | CM(2)

平美濃返し その1

【角道開けない】平美濃返し【B級戦法】

今回は鳥刺し同様、角道を開けない戦法である平美濃返しという戦法を紹介してみます。
角道を開けずに引き角から左美濃に囲うという構想は何も飯島流引き角がオリジナルではなく元々あったマイナーな指し方の一つで、棋書としては「B級戦法の達人(1997年刊)」、「B級戦法の達人プラス(2002年刊)」に記載されています。他の棋書に載っているかはわかりません。基本の形はハッキリいって飯島流引き角と完全に同じです。まぁ引き角から左美濃に囲う形はコレ以外にないということでしょうが。飯島流引き角が世に出た時、「平美濃返しのパクリやん」という声も聞かれました。

まぁ基本は同じなのですが、平美濃返しは対四間飛車用のB級戦法であり、藤井システム対策という位置づけでもなく、他の振り飛車への対策という位置づけでもありません。飯島流引き角は藤井システムやゴキゲン中飛車をはじめ、他の振り飛車に対する指し方について飯島先生がまとめあげたものということになります。
[ 2014/07/09 21:06 ] ◎引き角研究 そのほか | TB(0) | CM(0)

鳥刺し戦法

【角道開けない】鳥刺し戦法【江戸の奇襲】

プロではすっかり指されなくなった飯島流引き角戦法ですが、アマではまだまだいけます(のハズ)。
一時は「中飛車相手には無理」とも言われましたが、研究の結果、何とか戦えそうです(自分の中では)。

今回は、そんな引き角戦法の源流ともいうべき、角道を開けない戦法「鳥刺し」について見て行きたいと思います。
引き角戦法でも使えるような筋等が発見できるかもしれません!?

とはいえ鳥刺し戦法はかなり有名な戦法であり、江戸時代から指されており、棋聖・天野宗歩も使っていたとも言われる歴史ある戦法。すでに知ってる人も多くいるかと思いますが、実は自分は名前とおおまかな形しか知らなかったので、自分の復習も兼ねてみました。
[ 2014/07/06 22:43 ] ◎引き角研究 そのほか | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。