スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴキ中桂跳ね急戦研究3 【▲4六角型から無理やり▲6五桂強襲】

【▲4六角型から無理やり▲6五桂強襲】

研究2より早々に5筋歩交換をしてくる相手に対しては、後手が△5三歩からの反発を狙って十分戦えることが分かりました。
ところで、先日、実戦で桂跳ね急戦模様と対局した際に「気になる変化」が浮かびました。今回はその変化について研究してみます。

手順;初手より、
▲5六歩 △5四歩 ▲5八飛 △8四歩 ▲7六歩 △5二金右
▲5五歩 △同 歩 ▲同 角 △6二銀 ▲5四歩 △5三歩
▲同歩成 △同 銀 ▲4六角 △5四歩 ▲7七桂(基本図)

gokigenkei_C.jpg

基本図は先手が5筋を角で歩交換し、後手は研究手どおり△5四歩として5筋を奪還します。先手の工夫は▲4六角と引いて飛車の小ビンを睨みつつ、後手に△2四歩をつかせないことです。その上で▲7七桂と跳ねてきて桂跳ね急戦を狙ってきます。



後手が5四を奪還したにもかかわらず、先手が無理やり▲6五桂と仕掛けてくる場合、△6四銀と逃げた時に5四歩が飛車でタダ取りされて再度▲5四歩!と打たれて攻めこまれないか?という心配がよぎりました。
が、よくよく研究してみれば、さすがにそれはかなり無理筋なようでした。

gokigenkei_C1a.jpg

一見、第1図のように先手からかなり強引に攻め込む手がありますが、冷静に受けていけば無理筋のようです。
結果図1では先手の攻めは切れているのに対し、後手からは攻め手に困りません。研究2の受けに対して、無理やり桂跳ねの仕掛けは問題ないようです(ソフト解析:後手優勢 -700)。 次回は、先手の別の筋を見ていきます。

gokigenkei_C1b.jpg

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikikaku.blog135.fc2.com/tb.php/77-dc4c57cc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。