FC2ブログ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中飛車には飯島流引き角は無理筋?

久々の更新です。

飯島琉引き角戦法、もはやプロは無論、アマ棋界においてもその姿を見かけることはすっかりなくなりました。(飯島先生本人も指してません・・・)
かつて勝俣教授による「消えた戦法の謎」という本がありましたが、この引き角戦法ももはや消えかけている戦法といっても良いでしょう。ただ、消えた戦法の謎2が今後出るとしても、引き角戦法自体はプロでそれほど流行した戦法でもないので、本に載らないかもしれませんが。

とはいえ、将棋を楽しむ我々アマレベルではまだまだ楽しめる戦法です。しばらく将棋をやってませんでしたが、最近、また24でポツポツと指しております。ブランクにより激弱くなっているため、フリーで修行中ですが、後手で対振り飛車ならバリバリ使っています。(勝てませんが)

さて、もはや影の薄れたこの引き角戦法、最近2ちゃんねるの棋書スレで気になる書き込みがありました。
アマ強豪の今泉氏の書籍にて「中飛車には飯島流引き角は無理筋」と述べられているらしいです!!(ガーン)
さっそく、休日に本屋にいって幸い当該書籍があったのでパラパラと読んでみましたが、残念ながら前述の記述がどこにあるか見つけることはできませんでした。まぁ、そんなに深いことを書いているわけではないでしょうが、改めて公の活字にてそういわれると引き角党としては、今更ながらややショックではありますが。

ともあれ、自分は今後も引き角をガンガン採用していく所存です。最近は将棋熱も戻ってきて対局しているので、実戦を積み重ねてまたこのブログで紹介していきたいと思います。
いまだ数人ではありますが、「引き角」のキーワードでこのブログに来てくださる人もいるようなので。

引き角は不滅ナリ!
あと、今泉本で前述の記述がどこにあるか見つけた人、教えてくださいm(_ _)m
(居飛車党なので中飛車の本は買いません故)
[ 2014/06/17 19:33 ] ◎引き角研究 そのほか | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/06/29 20:00 ] [ 編集 ]

中飛車には飯島流引き角は無理筋?

コメントにて「中飛車には飯島流引き角は無理筋」は、次の一手の問題として一題載っていただけという情報をいただきました。ありがとうございました。引き角にはまだまだ可能性がある、同感です。というか、後手番で対振り飛車は引き角だけ指せばいいというのが非常に楽なので、今後もしばらくは引き角をやっていきます(^_^)
[ 2014/07/06 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikikaku.blog135.fc2.com/tb.php/74-72ba9464







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。