FC2ブログ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロ実戦棋譜1(羽生善治)


【プロ実戦棋譜1(羽生善治)】
ここではプロ・アマ強豪の引き角実戦棋譜を紹介していきます。自分のようなド素人がこのレベルの棋譜にコメントできることなどありませんので基本的に紹介のみですが。。。
まずは飯島流引き角で最も有名なプロ実戦譜。何と、あの「羽生善治」が採用した棋譜です。2006年4月19日、第24回朝日オープン将棋選手権五番勝負第2局の藤井猛九段vs羽生善治三冠戦。
羽生善治が引き角を採用したということで、当時の引き角党の間では大きな話題となりました。飯島先生も大興奮していたようです。結果は振り飛車の雄、藤井猛の振り飛車穴熊の前に惜敗。羽生は銀冠で対抗しましたが固さの差が大きく出てしまいました。以降、知る限り羽生は引き角を採用していません。将棋界では羽生が使わない戦法はあまり流行りません(有力とみなされない)。引き角の運命は、思えばこの時にすでに決定していたのかもしれません。事実、この後、年に数局程度はプロでも引き角が指されますが、一時の流行となるレベルにも達していません。残念ながら、引き角よりもやはり居飛車穴熊等のほうが有力とされるのでしょう。ですが、アマにとってはプロで研究されない=アマでも研究されないからまだまだ使える、という現状になっているのも事実。まだまだ戦えますよ~!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikikaku.blog135.fc2.com/tb.php/45-76d76db8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。