FC2ブログ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソニタブPで将棋その3 将棋棋戦中継サイトを試す2

先日はSony Tablet Pで将棋棋戦中継サイトが見れるかどうかを検証しました。その結果、ごく一部を除き、ほとんど全ての棋戦において棋譜再生が可能であることが確認されました。


さて、先日に引き続き今回は「女流棋戦の中継サイト」について同様に検証してみたいと思います。
現在、女流棋戦についても多くの棋戦でWebでのライブ中継が行われ、気軽に棋譜を確認することができます。
おそらくは先日の一般棋戦同様、女流棋戦のサイトでもFlash盤が主体でAndroidタブレット「Sony Tablet P」で利用が可能なのではないかと予想できますが、果たしてどうでしょうか?


1.女流名人位戦
まずは女流名人位戦。やはり名人という響きは特別な感じがします。女流名人戦は名人戦と違い、棋譜鑑賞が可能となっています。スポンサーが違うということが関係しているのではないかと思います。棋譜はやはり一般的なFlash盤となっています。

2.マイナビ女子オープン
マイナビ女子オープンは2007年に創立された新しい棋戦です。賞金は500万円で女流棋戦内ではトップタイです。タイトル保持者は「女王」という称号で呼ばれるのが他の棋戦と違った特色ですね。こちらもFlash盤でOK。Java盤もあるようです。

3.女流王位戦
かつては清水市代の独壇棋戦であった女流王位戦。Flash盤です。

4.倉敷藤花戦
女流棋戦の中で一番名前がかっこいいと思います、倉敷藤花。の割りにサイトは地味です。棋譜鑑賞は問題なしですね。

5.女流王座戦
2011年創立の最新棋戦にして、賞金500万円という女流棋戦トップタイの大型棋戦。ただでさえそういった話題の中、初代王座についたのは若干16歳ながら新進棋士奨励会員の加藤桃子。最後発だけあって、当然棋譜観戦もバッチリ問題なしです。

6.その他
その他、メジャー所としては「女流王将」があるかと思いますが、こちらは銀河戦同様、囲碁将棋チャンネル主催であることも関係してか、ネットでの中継サイトや棋譜観戦サイトもないようです。


さて、男性棋士の一般棋戦に比べると女流限定のメジャー棋戦は少なめですが、囲碁将棋チャンネル主催の女流王将戦以外では全てFlash盤での棋譜鑑賞が可能です。あとここには乗っていませんが、大和証券杯最強戦は男性棋士の部と女流棋士の部とがそれぞれあるので同一サイトで鑑賞が可能ですね。

これまで紹介した、オンライン将棋対局サイト、一般棋戦中継サイト、女流棋戦中継サイトと非常に多くの将棋環境をAndroidタブレットであるSony Tablet Pではたっぷり楽しむことができます。持ち運びにも便利な折りたたみ型なので、外で将棋を楽しみたい将棋ファンには他の選択肢はないかもしれません!

[ 2012/06/07 20:14 ] ◎モバイル Sony Tablet P | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hikikaku.blog135.fc2.com/tb.php/31-1d272747







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。